中島製茶本舗

美味しいお茶の入れ方

HOME中島製茶本舗のご紹介美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方

お茶の苦渋みは高温ほど出やすく、甘味、うま味は低温からでも出ます。

茶種 湯温 浸出時間
玉露(上級)  50℃ 150秒
玉露(中級) 60℃ 120秒
煎茶(上級) 70℃  90秒
煎茶(並) 85℃ 60秒

ほうじ茶
番茶
玄米茶

熱湯 30秒
  • ① 湯の量と温度

    3人分用意する時は、湯呑3つにお湯を入れます。
    お茶がお湯を吸収するので少しだけ多めに量ります。
    しばらく置き、湯の温度を下げます。湯呑も温まり一石二鳥です。

  • ② 茶葉の量

    平均的に7~8グラムが適量です。大さじ1杯くらいです。

  • ③ 浸出時間

    甘味、うま味は低温でも出るのですが、それには時間がかかります。上の表を参考にされて下さい。

  • ④ 注ぎ方

    基本は「回し注ぎ」です。①→②→③の順で少しづつ注ぎ、次は③→②→①.
    お茶をすべて注ぎ終えるまで繰り返します。

  • 美味しい八女茶の入れ方「玉露」

  • 美味しい八女茶の入れ方「煎茶」

お茶の保管方法

家庭におけるお茶の保管方法は香味を損なわないための注意が必要です。

お茶を変化させる要素

  • 湿度が高い場所
  • 温度が高い場所
  • 酸素(空気)
  • 他の食材のにおい
アドバイス

湿度と温度については、冷蔵庫で保管すれば解決できます。
酸素、他の食材の匂いについては10日間分程度を茶缶に移し、残りのお茶は茶袋を輪ゴムできつく
縛るか、テープなどで密封します。さらにビニール袋などに入れて保管すると、品質はより保たれます。

アドバイス

冷蔵庫で保管する時の注意点がひとつあります。冷えたものを外に出しておくと水滴がつきますね。
お茶も同じで、冷えた茶袋を開けて茶缶に移すとお茶葉に水滴がついてしまいます。
冷蔵庫から取り出した際にはすぐに開封せずに、半日くらい置き開封すると良いでしょう。

このページの先頭へ

福岡県八女の中島製茶本舗
八女茶、八女、八女郡、緑茶、玉露、中島、煎茶、通販、上陽

[八女茶卸問屋]中島製茶本舗へのお問い合わせは0120-84-2017。通販でも販売しております。